気が付けば1年近く更新していませんでした。ABINIT, first (basic) lesson of the tutorial: The H2 molecule, without convergence studies.を少しずつ進めています。 其之陸では,本家チュートリアル1 〜其之伍〜で行った計算(=複数通りの原子座標設定での計算)を自動で行います。 1つ1つ計算するときと比べて,標準入力ファイル *.inの書き方が若干異なりますが,計算の内容は本家チュートリアル1 〜其之伍〜と同じです。その点を意識して進めましょう。続きを読む

abinitに限定せず,第一原理計算関連のセミナーの情報をリストアップします。なるべく更新します。
これから
要チェック
終わったもの (2014年11月15日以降)
(初出: 2014/11/15)

インターネットより取得できるpdfファイル。時々更新します。新しいもの順気味の順不同。
  1. 【スライド】Gian-Marco Rignanese, "Density Functional Theory in the ABINIT code", International summer school on Computational Methods for Quantum Materials Sherbrooke, Canada May 26 to June 6, 2014.
  2. 【スライド】DYNAMICAL, DIELECTRIC AND MAGNETIC PROPERTIES OF SOLIDS WITH ABINIT May 12, 2014 to May 16, 2014
    1. Matteo Giantomassi, "Introduction to DFT"
    2. Matthieu Verstraete, "Electron phonon slides for ABINIT"
    3. Eric Bousquet, "Magnetism"
    4. Marc Torrent, "PAW: generation of atomic data"
    5. Marc Torrent, "PAW: basics + in_deep"
    6. Josef Zwanziger, "Efield lecture"
    7. Xavier Gonze, "Last basic theory lesson"
    8. Gian-Marco Rignanese, "Basics of density functional perturbation theory"
    9. Marc Torrent, "Correlated electrons (LDA+U) + spin-orbit coupling"
    10. Philippe Ghosez, "IFC & phonon dispersion curves"
    11. Xavier Gonze, "Lesson for tutorial RF1 (phonon, Born effective charges, ...)"
    12. Gian-Marco Rignanese, "Symmetries of phonons"
  3. 【解説記事】弓削是貴, "第一原理統計熱力学計算に基づく合金の 構造・相安定性と物性の予測", まてりあ, Vol. 52, No. 6 (2013), pp. 278-284.
  4. 【解説記事】尾方成信, "第一原理計算による材料の力学的特性の評価と予測", 日本機械学会論文集 A 編, Vol. 78, No. 791 (2012), pp.934-944.
  5. 【スライド】常田貴夫, "化学者のための密度汎関数理論", 京都大学理学部後期特別講義, 2012/11/6‐7.
  6. 【特集記事】"第一原理電子状態計算の現状と課題", 日本物理学会誌 64(4), 2009.
  7. 【テキスト】神谷利夫, "バンド構造を用いた材料開発(実践編)", 応用物理学会結晶工学分科会結晶工学スクールテキスト第9版(2008年).
  8. 【テキスト】 "計算化学演習 テキスト", 広島大学理学研究科NaBiT物質科学系大学院集中講義, 2007.12.7
  9. 【スライド】新井正男, "第一原理電子構造計算手法とその酸化物格子への応用", December 19, 2004.
  10. 【スライド】新井正男, "ABINIT による第一原理電子構造計算例", December 20, 2004.
  11. 【スライド】新井正男, "ABINIT による第一原理電子構造計算例:ABO3", December 27, 2004.
  12. 【マニュアル】第一原理擬ポテンシャル法による電子状態計算プログラム「Osaka2002 nano」 I「基礎編」
  13. 【学術論文】X. Gonze et al., Comput. Mater. Sci. 25 (2002) 478–492.

ウェブサイトのリスト。時々更新します。情報量多そうなものもの順気味の順不同。
素敵な日本語情報
  1. NIMS・小林一昭博士
  2. 第一原理計算入門
  3. 第一原理バンド計算 (基礎編)第一原理計算 (解析編) / 名工大・中山将伸准教授
  4. サルにでも第一原理計算ができるか?-ABINITを使って-
  5. 集中講義関連資料 / NIMS・新井正男博士
  6. 吉本芳英, "第一原理計算の現状と課題を考える", torrent No.6 日本語版
素敵な外部プログラム
  1. abipy
  2. cif2cell
  3. VESTA
  4. XCrySDen

ABINIT, first (basic) lesson of the tutorial: The H2 molecule, without convergence studies.を少しずつ進めています。水素分子について,
  1. 全エネルギー【済】
  2. 結合長
  3. 電荷密度【済】
  4. 原子化エネルギー
を算出するのが目的でした。其之伍では,2. 結合長を算出します。

算出法は幾つかあります。
  1. 「結合長を与えて全エネルギーを算出」を複数の結合長について行い,全エネルギーの最小値を求める。
  2. 「結合長を与えて原子にはたらく力を算出」を複数の結合長について行い,力の最小値(0になるはずです)を求める。
  3. a.またはb.の複数の計算部分を自動で行う。(フィッティングは後で手動)
  4. 全て自動で行う。(構造最適化)
ここではまず,a.のやり方で進めます(同時に手間なくb.も行うことになります)。実はここまででまだ1度しかabinitで第一原理計算をしていません本ブログの基本方針の通り,なるべく沢山手を動かします。面倒ですが,手を動かせば動かすほど上達するはずです。続きを読む

↑このページのトップヘ