1. http://www.abinit.org/にアクセス
  2. forumをクリック
    abinit_hp
  3. Platform specific questionをクリック
    abinit_forum
  4. Abinit 7.4.3 binaries for Windows 64bits postedをクリック
    abinit_win
  5. hereをクリック
    abinit_here
    'ファイルのダウンロード'ダイアログが表示されるので,'保存'ボタンを押します。
    dl
    好きなところへ保存します。ここでは,デスクトップを選びました。ファイル名はそのまま。
    save
  6. ダウンロード完了(abinit-7.4.3_i686_cygwin_gnu4.7.zip, 90,373 KB)
    dl_fin
Windowsバイナリを作成・配布して下さっている,ベルギー・ルーヴァン・カトリック大学Jean-Michel Beuken博士に感謝。

基本方針は2つあります。
  1. Windows上でabinitを使う
  2. なるべく沢山手を動かす(頭も)
  3. 解らなくても少しずつコツコツ
です。特に1.は計算屋には失笑されるかも知れません。元々実験屋なので,ホンのちょっとした計算が出来るようになれば十分と思っています。低い目標レベルですが,例えば,三次元周期性物質について構造安定性を評価。習熟度と共に目標は変わるかも知れません。変われば良いですね。

。。そんな程度なので,初期投資ゼロが前提です。

普段主に使っているOS (Windows)上で動く第一原理電子状態計算プログラム。。ということでabinitを選びました。世間ではVASPWien2kCASTEPPHASE/0が主流のようです。他にも沢山あります。いずれこれらにも挑戦する機会があればと思っていますが,今の私には極めて高い壁です。多分,1つ何となく使えるようになれば,他の計算プログラムもどうにかなると踏んでいます。

Windows上でabinitを使うという基本方針は,第一原理計算に興味がありながら,同様に壁を感じていらっしゃる方にとってきっと役に立つ。。と思っています。1つには,メーカー研究者はPC/AT互換機以外のコンピュータを意外と入手し難い(らしい)からです。PC/AT互換機は所謂Windowsマシンであり,所有していないわけないので,Linuxやcygwinをインストールしてしまえば良いだけです。それでも,障壁はあるようです。もう1つは,何でも手と頭を動かしてコツコツ繰り返す以外に上達の道は無いと思っていますが,スタンドアローンのPCならば人様に迷惑をかけずに幾らでも練習できます。(そして,慣れれば慣れるほどLinuxマシンを使いたくなると思います。)

世の実験屋が少しでも計算スキルを身に付けて,自分の実験データから今以上に多くの知見を得たり,計算屋と活発に議論し合ったりして,その中の誰かが新規材料や新規プロセス,機能発現メカニズムを見出したら。。というのが密かな願い(野望?)です。

よろしくお願いいたします。 

はじめまして。本ブログは,第一原理計算を少しだけ身に付けてみたい素人がWindows上でabinitを使って遊ぶ内容の覚え書きです。専門家ではないので,内容が正しくない可能性もあります。各自の責任でご覧下さい。個人的なモチベーション維持のために,ブログを書いてみることにしました。それでも挫けたらごめんなさい。

↑このページのトップヘ