気が付けば1年近く更新していませんでした。ABINIT, first (basic) lesson of the tutorial: The H2 molecule, without convergence studies.を少しずつ進めています。 其之陸では,本家チュートリアル1 〜其之伍〜で行った計算(=複数通りの原子座標設定での計算)を自動で行います。 1つ1つ計算するときと比べて,標準入力ファイル *.inの書き方が若干異なりますが,計算の内容は本家チュートリアル1 〜其之伍〜と同じです。その点を意識して進めましょう。

まず,計算環境を作成します。
本家チュートリアル1 〜其之壱〜
専用作業フォルダー,標準入力ファイル(*.files),メイン入力ファイル(*.in),擬ポテンシャルファイルを用意します。 専用作業フォルダーは,D:¥abinit¥L01_2,標準入力ファイルはC:¥Program Files¥abinit-7.4.3¥share¥abinit-test¥tutorial¥Input¥tbase1_2.in

次に,tbase1_2.inを見てみます。tbase1_1.inとの比較は後回しで構いません。
023: #Definition of the atoms
024: natom 2           # There are two atoms
025: typat 1 1         # They both are of type 1, that is, Hydrogen
026: xcart             # This keyword indicates that the location of the atoms
027:                   # will follow, one triplet of number for each atom
028:   -0.7 0.0 0.0    # Triplet giving the cartesian coordinates of atom 1, in Bohr
029:    0.7 0.0 0.0    # Triplet giving the cartesian coordinates of atom 2, in Bohr

計算(1.4 Bohrは再度計算)を行った後に,dirコマンドでファイル一覧表示をしたものです。
D:¥abinit¥L01>dir 
 ドライブ D のボリューム ラベルは XXXXX です
 ボリューム シリアル番号は XXXX-XXXX です

 D:¥abinit¥L01 のディレクトリ

2014/11/15  01:12    <DIR>          .
2014/11/15  01:12    <DIR>          ..
2014/11/15  01:15               378 01h.pspgth
2014/11/20  18:22            28,131 log.txt
2014/11/15  01:17                65 tbase1_1.files
2014/11/20  18:21             2,933 tbase1_1.in
2014/11/15  01:21            17,450 tbase1_1.out
2014/11/20  18:16            17,451 tbase1_1.outA
2014/11/20  18:17            17,451 tbase1_1.outB
2014/11/20  18:19            17,451 tbase1_1.outC
2014/11/20  18:20            17,451 tbase1_1.outD
2014/11/20  18:21            17,369 tbase1_1.outE
2014/11/20  18:22            17,451 tbase1_1.outF
2014/11/15  02:20           666,179 tbase1_1.xsf
2014/11/20  18:22             5,141 tbase1_1o_DDB
2014/11/20  18:22           217,634 tbase1_1o_DEN
2014/11/20  18:22               236 tbase1_1o_EIG
2014/11/20  18:22               548 tbase1_1o_EIG.nc
2014/11/20  18:22             4,512 tbase1_1o_GSR
2014/11/20  18:22             2,160 tbase1_1o_OUT.nc
2014/11/20  18:22            34,798 tbase1_1o_WFK
              19 個のファイル           1,084,789 バイト
               2 個のディレクトリ  XX,XXX,XXX,XXX バイトの空き容量

D:¥abinit¥L01>
*.outファイルの末尾にA〜Fが付いて,メイン出力ファイルが複数(計7つ)あります。
実は,abinitでは,メイン出力ファイルが既に存在するとそのファイルを保持したまま,新たに末尾にA〜Zを付け加えた *.outファイルが出力されます。ここで注意したいのは,今回の計算結果がどの *.outファイでは,本家チュートリアル1 〜其之壱〜で得たメイン出力ファイルは *.outです。その後1.0 Bohrについて得たメイン出力ファイルは *.outA,1.2 Bohrが *.outB,その次が *.outC...という具合になります。なお,す。刻み幅を0.1 Bohrや0.01 Bohrに小さくして,データ点数を増やしさえすれば良いのですが,人力ではなくコンピュータ(abinit)に任せることにします。基本方針に反するようですが,基本方針は目的達成のための手段ですので。

以上で,結合長の算出(人力)が完了です。

おまけ
*.outの末尾追加文字のA〜Zの全てが使われてもなおジョブを投入した場合,エラーとなり計算されません。不要ファイルを削除・整頓するよう促されます。つまり,1つのディレクトリに27つまでのメイン出力ファイルが出力可能です。